スポーンのフィギュアは高額での買取が期待出来る

スポーンは世界中に多くのファンを持つ、アメコミ界の大人気作品の一つです。そんなスポーンのファンは日本人にも大勢いて、その中には主人公のスポーンや、作中に登場するその他のキャラクターたちのフィギュアを集めている人もいるでしょう。

そういったフィギュアの中には、買取に出すと高い金額を付けてもらえるものがあります。この記事ではスポーンの人気の理由や、そのフィギュアを高く売るコツなどについて紹介します。

スポーンはアメコミの大ヒット作品

スポーンのフィギュアが本国のアメリカだけではなく、日本でも高額で買取ってもらえる程の人気を得ているのは、原作コミックが世界的な人気を誇る大ヒット作品だという点が大きく関係しています。原作コミックのファンが多ければ、そこに登場するキャラクターたちのフィギュアを手に入れたいと思う人も増えるからです。

そして、人気の高い作品のフィギュアは中古の商品にも需要があるので、高額で買取ってもらえる可能性が出て来るのです。

スポーンというアメコミ作品が最初に発表されたのは1992年でした。したがって、例えばスーパーマンやバットマンといった日本でも有名な他のアメコミ作品と比べると、それほど長い歴史があるというわけではありません。

しかも、発行した会社はイメージ・コミック社という、スポーンと同じ年に誕生した実績のない会社でした。

そのように不利な要素のあったスポーンでしたが、誕生してすぐに大きな人気を獲得することに成功し、世界の120カ国で発行される大ヒット作品へと成長を説けました。スポーンの人気のおかげで、イメージ・コミック社が大手であるマーベルやDCコミックに次ぐ、業界ナンバー3の地位に就くことが出来たほどです。

独特のヒーロー像が大きな人気を呼んだ

スポーンという作品がそのように大きな成功を収められた理由としては、それまでのアメコミのヒーローとは一線を画するような、独特のヒーロー像を生み出したことをまず挙げることが出来ます。主人公のスポーンはヒーローとは言っても、輝かしい光を浴びる世界で活躍するのではなく、闇の世界で戦うダークヒーローなのです。

スポーンの外見は、他のアメコミであれば強大な悪役として描かれてもおかしくないような、かっこ良いけれど不気味で禍々しいものになっています。彼の持つ強大な力は身に纏っている黒いコスチュームによるものなのですが、それは正義のために作られた科学兵器ではなく、それ自体が意志を有する魔界の寄生生物です。

このように、いわゆるアメコミらしくない独特の設定が、スポーンというヒーローの大きな魅力となっているのです。

奥の深いストーリーが大きな魅力

スポーンという作品が大きな人気を得られた理由には、ストーリーが単純な勧善懲悪ではない奥の深いものになっており、大人の読者の心を強く引き付けることが出来たという点も大きいと言えます。その奥の深さは、スポーンというヒーローの誕生の時点からよく表れています。

スポーンは本名をアル・シモンズという黒人の男性で、元々はCIAの優秀な工作員として働いていました。しかし、彼はある日全身に火を放たれて命を落とし、魔界へと送られてしまいます。実は彼の死そのものが、彼を自らの軍団のリーダーにしたいと考えた、魔界第8階層の支配者マレボルギアの陰謀によるものだったのです。

マレボルギアはアルに対し、最愛の妻のワンダとの再会を餌に自分と契約するように求め、それを受け入れたアルは現世へと戻って来ました。しかし、彼が戻った時には現世ではすでに5年の年月が流れており、ワンダはアルにとって親友だった男性と再婚していました。

しかも、彼の姿は火を放たれた時に負ったひどい火傷によって焼けただれており、魔力を持った黒いスーツによりそれを隠さなければなりません。辛い現実に絶望した彼はホームレスとして暮らし始めるのですが、その前には展開から送られた天使などの様々な敵が表れます。

自分自身の命、そして仲良くなったホームレスたちを守るために戦いを繰り返すうちに、彼は魔界とは手を切って自らの信じる正義のために戦うことを決意するようになります。そうして罪人に対して罰を与える闇のヒーロー、スポーンが誕生したのです。

このように、悲しい過去を背負った主人公が、自分の正義と信念のために魔界の支配者から受け取った力を駆使して悪と戦うという複雑なストーリー展開により、スポーンという作品は日本人の大人の間でも大人気となりました。

ハリウッド映画にもなっている

スポーンという作品の人気と知名度をさらに高めるきっかけとなったのが、1997年にハリウッドで実写映画化されたことです。その際に主役を演じたのはマイケル・ジェイ・ホワイトという、日本ではあまり知名度のない俳優です。

しかし、彼は空手を始めとする色々な武道の有段者なので、その恵まれた体格と運動能力を活かしてスポーンという難しい役を見事に演じていました。さらに、スポーンや魔界の住人などの造形も見事で、原作の魅力である独特のキャラクターデザインがしっかりと再現されていました。

その映画をきっかけに、スポーンのフィギュアを集め始めたと言う人も少なくないでしょう。

個性的なデザインがフィギュアにするとよく映える

スポーンの原作者であるトッド・マクファーレンという人物は、漫画だけではなくフィギュアの商品展開にも大きな力を入れています。自らマクファーレン・トイズという会社を設立し、クオリティーの高いアクションフィギュアを次々と世に送り出したのです。

そのマクファーレン・トイズは1990年代に世界的なフィギュアブームを巻き起こしたのですが、その代表的なヒット商品となったのはやはりスポーンでした。そのフィギュアブームは海を越えて日本にもやって来たため、スポーンのフィギュアを手にしたことがフィギュアのコレクターになるきっかけだったと言う人は大勢います。

そのようにスポーンのフィギュアが大人気となった理由は、ヒーローでありながら悪魔っぽさが感じられるその個性的なデザインが、フィギュアにした時にとても良く映えることです。しかも、原作者が設立した会社が製造しているということで、細部にまでこだわった優れた商品が多いという点も人気の理由となりました。

今ではかつてのブームは落ち着いたものの、根強いスポーンファンは日本にも大勢残っているので、高額で買取ってくれるお店がいくつもあるのです。

スポーンのフィギュアを高く売るためのコツ

スポーンのフィギュアを高く売るためのコツとしてまず挙げられるのは、それらの強化買取を実施している専門店を探すことです。インターネットで検索するとそういったお店がいくつも見つかるので、それらを比較してより高く買取ってくれそうなところを見つけるようにすると良いでしょう。

また、フィギュアの状態は買取価格に大きな影響を与えます。したかって、買取に出す前には傷をつけないように気を付けながら、埃や汚れを落としておくことも高く売るためのコツの一つです。